職人の部屋

国宝瑠璃光寺のライティングイベント(2017.9) 14

 

 

 

 

 

 

 

国宝。山口県民の誇り。

山間に覗く五重塔は唯一無二の存在感。

 

 

 

 

 

 

 

この五重塔をバックにして9/3(日)

ライトアップイベントを担当させて頂くことになりました。

 

 

 

五重塔の屋根を天保の時代から守り続けてきた

「ひわだや」さんと一緒に

歴史の重みと灯りの楽しさを共存させるような

イベントを企画しています。

 

あっという間に残り1か月を切りました。

日程も予算にも限りがあるので大規模というより

工夫を凝らして人の目に留まるような

灯りを作りたいと思っています。

 

 

 

 

★回廊には約1000本のフローティングキャンドルがともされます。

 ボランティアの方が数十人集まって皆で作り上げるイベント。

 今から楽しみです!

 

 

 

【開催報告!】2016.09.08

 

 

 

山口、瑠璃光寺での光のインスタレーション。
国宝をバックに。1000本のろうそくとLEDの灯り。
たくさんの方に集まっていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回お客様を見ていて思ったんです。

 


途中まで、作品に触らないでね~と
子供たちに注意していましたが、

 ・・・やめました。

 

 

 

 

 

多少やんちゃな子供もいましたが^^
子供たちを見ていて思いました。

 

 

・・・僕はこうゆうことがやりたかったんだ。

 

子供が笑顔になるようなこと。
興味をもってもらえるようなこと。

 

触れたくなるような
ものをつくること。

 

 

 

 

 

 



 

なにかが光るのって不思議だよね

 

見たことないものって

わくわくするよね

 

 

そうだ、そうなんだ、

だから僕は灯りを作っているんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

来年ももし呼んでもらえるとしたら
今度はもっと楽しいことをたくさん仕込んで
もってきます。

 

 

触ってもらって
笑顔になってもらえるような何か。

 

 

 

 


決めた。

今回お声替えいただいた山口、ひわだやさんに
心から感謝です。。

 

 

 

 

 

オブジェには枕草子をきざみました。

 

灯りの周りをぐるぐるとまわって

読んでくださる方がたくさんいて

嬉しくなりました。

 

枕草子には、「檜皮」をうたった一説もあるんです。

 

 

 

1000本のキャンドルを点灯するボランティアのみなさん

 

 

明るいうちにセットします

 

 

 

フローティングキャンドル。水に揺れて、光が良い感じに揺らぎます

 

 

 

イベントには生バンドも登場。しっとりジャズが響き渡りました。

 

 

 

 

また来年、必ず来ます!!!

 

 

職人の部屋 の記事一覧